妖艶なブレーキレバー

自走できない自転車の話です

わたしの排気量124ccスクーターはペダルがなくても「原動機付自転車」と言います

ずっと「自転車」というカテゴリーに違和感がありますが 「ペダルでこげるオートバイ」モペットというのならばピッタリだと思います

戦後にはホンダやブリヂストンや小さなメーカーが自転車取付用エンジンを開発販売して文字通りの自転車が増えていたそうです しかし1958年発売ホンダの名機スーパーカブの大ヒットでそれらは利点を活かせずに姿を消していったのは自然の流れといってよいでしょう そういう意味で「原動機付自転車」という名称もそろそろ変えていただきたいものです

ところで私のPCXの左ブレーキレバー 曲がりがセクシーでなんとも弄りがいのあるホルム 爆

でも右レバーはなんか違うぞ まさか左右非対称レバー?

あはは 倒したときに左レバーはぐにゃりしちゃったんですね

当然美しいので直しません ヘンタイダモノ

メーターパネルに平均燃費が表示されます 現在53km/Lです

前回給油時 満タン約8Lで走行距離410kmでしたから燃費51.25km/L!おそらく速度をぐっと抑えて乗れば55km/Lまで届く感じです 信じられない低燃費 いいぞうパオーッ

妖艶なブレーキレバー” に対して5件のコメントがあります。

  1. 銀モコ より:

    こんにちは。
    見事に曲がったブレーキレバー!(笑)
    上手く握れないでしょ(淋)。
    戻したら、ポッキリパターンですね(笑)。

    原付の名称は法律によって呼び方が違うみたいですね。

    「道路交通法では排気量50cc以下 (電動機の場合は定格出力0.6kW以下)、道路運送車両法では125cc以下 (電動機の場合は定格出力1.0kW以下)の原動機を備えた側車のない二輪車(小型自動二輪車)が該当し、省略して原付(げんつき)と呼ばれることも多い。」

    道路運送車両法ではさらに排気量により第一種と第二種とに区分する。

  2. ajikoboo より:

     銀モコさん こんにちは
    いやー左レバーは自転車もモーターサイクルも握らないんです
    リアブレーキはガツンとやるとコントロール不能になるので指1~2本で引いています だからこんな形状でも問題はありません
    淋しいどころか ライディング中 反り曲がり加減を指で舐めて楽しんでいるくらいです爆

    第一種 第二種 とは知っていても使いません
    50ccは原付「げんつき」 それ以上は125「ひゃくにじゅうご」とか「こぶた」もとい「こがた」ともいってます ぶひぶひ

  3. 銀モコ より:

    >指で舐めて楽しんで
    やっぱりヘンタイでしたか(笑)

    >「ひゃくにじゅうご」とか「こぶた」もとい「こがた」
    「こぶた」以外どちらでもよろしーかと思います!わかれば(笑)

    1. ajikoboo より:

      そんな褒められたら照れます爆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です